転院(継続加療)のご案内、転院、退院に際して困った時に。

 

当院ではその人らしさを大切にした内科的な治療をこの草牟田の地で80年あまり行って参りました。

私共の取り組んでいる重要項目の一つに急性期、回復期病院等で入院されている方の後方支援としての入院・外来治療を継続していくことです。

 

私共の強化している取り組みを下記に挙げます

・患者様中心の医療に取り組み、良き健康のパートナーとなれるよう外来、入院、老健施設、訪問診療、訪問看護と密に連携しながら進めていること

・心臓、消化器、認知症、感染症を中心とした総合的な内科診療を行っていること。また専門性を持った病院とも積極的に連携をとっていること

・段階にあったリハビリを積極的に行い日常生活動作が落ちないようにすること

・もし入院が長期化しても医療の必要度をみながら療養病棟での治療を継続すること

・同敷地内に老健施設を有し、リハビリを行いながら楽しく生活していただけるように取り組んでいること

今新たに取り組んでいる事は認知症リハビリ、心不全のリハビリです。リハビリを行うことによってより元気になっていかれるお姿を拝見しますとますますその重要性を認識している次第です。

また2017年度は当院から心不全、腎不全に関する新たな知見を内科学会、心臓リハビリテーション学会にて発表しています。

 

転院、退院に際してもしお困りの際や話をお聞きしたい際は医療連携室担当の山下(

電話番号 099-222-6925) もしくは院長植村健までお気軽にご相談ください。ご見学も常時承っております。

鹿児島のこの地域で皆様の健康にお役立てできるよう引き続き努めてまいります。またご意見等頂ければ幸いです。

 

文責 植村 健 http://www.koseikai-uemura.jp/

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です