高尿酸血症、痛風と診断された患者様へ

食生活の変化に伴い、高尿酸血症の頻度の増加と低年齢化が進んできています。 また高尿酸血症と腎障害、脳血管障害(脳卒中、心筋梗塞)との関連性が次第に明らかになってきております。

2011年に「高尿酸血症、痛風の治療ガイドライン」が改定作成され、日本国内における治療効果が期待されています。 高尿酸血症、痛風について下記にまとめてみましたのでご参照ください。

病期に沿ったまとめ

文責 植村 健 http://www.koseikai-uemura.jp/

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です